建設工事 土木工事 下水工事 産業廃棄物収集運搬 リサイクル 一般廃棄物収集運搬 

臼田資源リサイクルセンター

紙くず・木くず・廃プラスチックを固形燃料に!

リサイクルセンター

弊社では、固形燃料製造施設として臼田資源総合リサイクルセンターを立ち上げました。

臼田資源総合リサイクルセンターでは、リサイクル目標値を90%に設定し、限りある資源を再利用できるように産業廃棄物の中間処理業務を行っております。

RPF製造フロー

【再資源ごみの受け入れ】
商店、企業、建設現場から出る、産業廃棄物の中から再資源ごみを収集運搬致します。

・木 ・プラスチック 鉄くずなどの金属 ・ダンボール ・古新聞 ・古雑誌 ・ガラス
【選別】
いろいろな種類の再資源ごみが混ざり合ったものを、人の手によってキメ細かい分を行います。
【リサイクルしやすいカタチに】
<プラスチック・木・紙・繊維・ゴム>
砕いて、つぶして、固めます。(固定燃料化)
<木・プラスチック>
小さく切り刻みます。(切断加工)
<木>
砕いて粉々にします。(破砕加工)
<金属>
つぶしてから小さくきります。(圧縮・切断加工・圧縮加工)
<缶・アルミ缶・ビン>
鉄、アルミなどに分けてコンパクトにまとめます。(選別・圧縮加工)
<紙・プラスチック>
つぶしてコンパクトにまとめます。(圧縮・梱包加工)
【再利用業者へ】
処理が終わったものは、再資源ごみを原料やエネルギーとして使う、再利用業者に引き渡します。


再利用業者では、たとえばこんな風に使われています。

木・プラスチック→発電燃料(エネルギーとして再利用)
プラスチック→各種燃料(エネルギーとして再利用)
紙→製紙原料(原料として再利用)
木→再生木製ボード原料(原料として再利用)古材として再利用
鉄→鉄鋼原料(原料として再利用)非鉄金属
プラスチック・木・紙・繊維・ゴム→発電燃料(エネルギーとして再利用)